円満退社のポイント


転職の際に円満退社が出来るかどうかはかなり気を使うところですよね。今までの信頼関係や人脈をこれからもつなげておくためには誠意をもって確固たる態度で退社へ向けて準備をする必要があります。転職の際の退職で一番気をつけなければいけない事というのは、やめる会社に迷惑をかけずにやめるという事です。
転職が決まっているからといって自分勝手にさっさと周りの人の事も気にしないで辞めてしまうのは社会人として恥ずかしい事ですし、無責任だと思います。上司にも同僚にも、そしてお得意先の人にも、誠意をもって退職までの対応をするのがポイントです。
転職で円満退職を成功させるためには、まずは就業規則通りに早めに退職する事を伝える事が大切です。法律では2週間前には退職の意思を告げなければならない事になっているのですが退職届の提出の期限は企業によって様々です。
自分の働いている会社の就業規則を読んで退職をする日を確認しておきましょう。そして転職の際の円満退職をしたいのであれば退職をするという事を告げるのは直属の上司からです。ですからトラブルにならないためにも転職の意思を伝えるのは直属の上司からにしましょう。そして話を切り出すタイミングですが朝の忙しい時間や帰る前などの忙しい時間はやめた方がいいでしょう。そして、上司の都合を見て話すようにしましょう。たとえばランチに誘ってそこで話したり、場所を移してゆっくりと話を聞いてもらうのが転職の話を切り出すのにいいと思います。転職をする理由を聞かれた場合に会社の不満を話すのはやめましょう。いくら退社の理由が今の会社に不満があったとしても、自分でやりたい事があるからと言って、”転職の理由は会社への不満”という事にならないようにしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。