転職の情報収集(求人情報)


転職するタイミングを逃さないためには転職の情報収集が大切な鍵になっています。転職の情報を逃さないための情報収集はどのようにすればいいのでしょうか。たとえば自分が転職をしたいと思っている業界の業界新聞を見てみたり、関連している本を読んだり、最近ではインターネットで調べれば手軽に色々と調べる事ができます。
そして転職をするなら求人情報を知る必要があると思います。転職の求人情報はインターネットの求人情報にも掲載されていますし、転職専門の求人情報誌にも掲載されていますし、新聞の日曜日の長官などにも、掲載されています。
例えばリクルートエージェントやパソナキャリアなどの転職エージェントでは普通の求人情報では見る事ができない公開されていない求人を見る事ができます。一般には公開されていないような求人情報を見る事で自分にぴったりの求人を見つける事が出来るかもしれません。
転職活動で旬の企業の求人情報を手に入れる時には随時新しい求人情報を更新して掲載しているような転職求人情報を手に入れる必要があると思います。転職の際のツールとしては幅広い情報を手に入れるように情報収集を心がけましょう。
情報収集の手段は色々ありますがインターネットでも新聞でも雑誌でもいいですから色々と情報収集をする事が大切です。場合によってはその業界に詳しい人などに情報を聞いて教えてもらうという方法もあると思います。

■関連記事
待遇を改善するための転職とは!?
なので、転職を考えるにあたって、現在の会社の業界全体の勤務体系や労働条件、給与形態を事前に情報収集して今の自分が適切な待遇を受けているのか確認して転職について真剣に考えたほうが良さそうです。また、いざ転職活動を行う際も以前の職場での待遇 ...
挨拶の転職・求人募集
求人情報を探す、または実際に求人に応募しようという場合においても、それは当てはまります。 お仕事でも、似たような業種でありながら、賃金や休日などが大きく違うケースもありえますから、転職において一番大切な事は、 情報収集である、といって ...

| 求人

転職の非公開求人


転職の非公開求人について紹介したいと思います。
転職をする人は非公開求人という言葉を聞いた事があるでしょうか?転職の非公開求人というのは、名前を伏せて求人募集をしているところの事をいいます。毎日転職の情報収集をどこでしていますか?転職サイトや求人誌で行っていると思いますが、転職サイトによっては非公開求人を扱っている転職サイトもあるのです。
なぜ転職の求人が非公開なのかというと、人気が高い大手の企業や優良な企業の場合には、応募が殺到してしまうためにあえて非公開にしているのだそうです。又、ライバルの会社に重要なプロジェクトにかかわる人材を募集したいと思っている企業などもいるので非公開です。
非公開求人は普通の転職サイトには掲載されていない事が多く、一部の転職サイトにだけ掲載されている事もあります。ですから転職サイトは色々とありますが非公開求人を掲載しているところを探してみるといいかもしれませんね。
普通に転職求人情報誌を見ていてもなかなか自分にぴったりと合う転職先が見つからないという人ももしかすると転職の非公開求人の中に自分に合っているやりがいのもてるような仕事があるかもしれません。非公開求人は誰でも見る事が出来るというたぐいの求人ではありませんから価値があると思います。
たとえばどこの転職サイトで非公開求人が行われているのかというと、転職求人サイトの中でも特に求人数がずば抜けて多い事で有名なパソナキャリアでは非公開求人を行っています。大手の企業や優良な企業の非公開求人が満載ですからそのなかから自分にぴったりと合っている求人情報を探す事が出来るかもしれませんね。

■関連記事
非公開求人という転職、採用の求人情報があるとか‥
非公開求人とは、企業の採用ページや転職サイト、新聞、転職情報誌などで 公開されていない求人情報のコト、らしい。 実は募集求人のほとんどが非公開求人ということをご存知でしたか? 全然、知りませんでしたね。 非公開にする理由は企業によって様々 ...
転職サイトDODA
転職サイトDODA(デューダ) 失敗しない転職を実現するために、 転職のプロ、キャリアコンサルタントがあなたの転職活動を徹底サポートしてくれます。 サービスは完全無料です。 一般には公開されていない『非公開求人』があります。 ...
転職エージェントの非公開求人
求人誌や転職サイトなどで公開されている情報を元に就職、転職を考えるのは一つの手ではあります。公開されている情報に対して非公開情報というものもあり、転職エージェントでは非公開情報の方が多いくらいです。 非公開にする理由は幾つかあります。 ...



| 求人

転職求人広告の読み方


転職求人広告の読み方について説明したいと思います。
転職をする場合には求人広告の募集要項の欄をきちんと読み取れなければなりません。転職求人情報の求人広告の欄でまずチェックしなければいけない点としては雇用形態です。雇用形態は、最近では転職の際に正社員以外にも契約社員等もあるので注意しましょう。転職で正社員を希望している人は、雇用期間や給与、社会保険などの面は心配がありませんが、契約社員でもいいと思っている人は期限が付いているのか、給与の面などもチェックする必要があります。

そして転職の際にチェックする求人広告の募集要項としては給与もありますね。給与は額面金額と呼ばれる基本給、諸手当などが全部含んだ額が掲載されていると思います。ですから結局広告に掲載されている額よりも、税金や社会保険などが引かれた金額が手取りになりますから広告に掲載されている金額よりは少なくなると思っておいた方がいいかも知れません。転職する場合には今働いている職場よりも出来るだけ給与が多い所を選びたいと思いますが、なかなか難しい事が多いようですね。

それから転職の求人広告でチェックする欄としては社会保険の欄もチェックしておかなくてはいけませんね。社会保険には実は4種類が含まれています。転職先の会社は社会保険が完備されていますか?社会保険は厚生年金保険、健康保険、雇用保険、労災保険のすべてが完備されているものが多いようです。小さな会社の場合には場合によっては社会保険が完備されていない事もありますから転職の応募要項に記載されていなければ確認した方がいいかも知れません。

そして転職の求人応募要項で確認すべき点として挙げられるは休日のチェックです。完全週休二日制になっている所は、1週間に必ず2日休みがあるという事ですが、週休二日制という記載の場合には1か月のうちに一週は2日休める日があるという事になりますから同じような言葉でも意味合いが違っているので転職をする際には要チェックです。それから、フレックスタイム制を取り入れている企業も最近では増えてきていますので、注意して確認してみて下さい。
| 求人
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。