転職の目的を考える


転職の目的について考えてみたいと思います。転職を考えている人は、転職の目的をきちんと立ててから転職した方が転職に成功するのではないでしょうか。何かやりたいことがあるから転職したいと思っている、今の職場に不満があるから転職したいと思っている等、人それぞれによって転職する目的は違っているはずです。もし転職する目的がしっかりとしていなければ、どんなにいい転職先があったとしても、時間が経つと自分が転職した意味が分からなくなってしまう事もあるのではないでしょうか。

転職する目的は色々ですが、その中にはリストラされた為に否応無く転職する(しなければならない)という人もいます。そういうリストラされ人達は、転職先はリストラなんて起こらないような景気のいい会社で、給料も良くて生活を安定出来る転職先を望むのは当然の話です。でも実際の仕事はハードだし仕事の量も多くなったとします。これでこの人達は転職して幸せになったと思えるのでしょうか。転職をする場合にはリストラは転職するきっかけであって、目的にはならないと思います。そこで、転職の目的をここで今一度考えなければいけないのです。もちろん別の理由で転職を考えている人にも当てはまる事ですが。

例えば、以前働いていた職場に不満があって嫌な事などがあったために転職をしたという人の場合でも、それはただの転職のきっかけにしかすぎません。その場合は転職のきかっけになっただけだと自分で理解する必要があります。そして、転職のきっかけはさておき、これから転職をする目的を1から考え直した方がいいですよね。そうしなければまた同じ過ちを繰り返してしまうかも知れません。せっかく心機一転転職をしたのに、ストレスが溜まるような職場でやりたくもないような仕事をやらなければいけない状況になってしまう結果となる場合も考えられます。転職をする場合には、まずは転職の目的をしっかりと考えましょう。転職の目的がすぐに思い浮かばないなら、思いつくまで色々と転職先の情報収集をすれば良いのです。転職の目的がしっかりしている人と、しっかりしていない人では転職が成功するかしないかの差は歴然だと言われています。何らかの事情があって転職をする人が多い世の中ですが、何のために転職をするのか、その目的は明確にしましょう。

スキルアップのための転職なのか?それともやりたい事を実現させるための転職なのか?それとも、夢を叶えるための転職なのか?転職の目的は人それぞれ違うと思いますが、なぜ転職するのか、今一度自分と正直に向き合った上で検討する事が成功の秘訣なのではないでしょうか。
| 転職

離職と転職について


離職をした後で転職をしようと、中には考えている人もいますが、それはなかなか難しいと思います。場合によっては時間がかかってしまう事もありますから転職をする場合に先に離職をしてしまっているのではこれから先の生活費の目途が立たない事があると思います。離職を考えている人は転職をした後にする事をお勧めします。
転職活動をしながら普通に仕事をするというのは本当に大変だと思います。普段の仕事だけでもいっぱいいっぱいなのに、それに加えて転職活動をしなければいけないというのは時間的にも精神的にも大変な事でしょう。
しかしこの大変な状況を回避するために先に退職をして離職してしまう人が中にはいますが、それは何の回避にもなっていないのです。離職をしてから失業保険がもらえるからその間に転職先を考えればいいと思っている人もいると思いますが、失業保険はエンドレスでもらえるわけではありません。
失業保険の受給にも期間がありますから転職がそれまでに決まればいいのですが場合によっては転職が決まらずに、失業保険の方が先に終わってしまうという人もいると思います。ではそれ以後の生活費や転職活動の費用はどうすればいいでしょうか。
転職活動にも色々と費用はかかりますから生活費と合わせると普段よりも出費は増えると思います。そんなときに貯金を切り崩しながら転職活動をしていると焦ってしまってなかなかいい転職先に出会う事が出来なくなるのがオチではないでしょうか。

■関連記事
失業保険 : 転職活動 マニュアル
会社を退職すると各自で保険や税金関係の手続きを行わなければなりません。 保険に関...
就職・転職・アルバイト: 失業保険
失業保険をもらっている期間中にアルバイトをしてはいけないということではなく、アルバイトをした日数を申告することで、その分の失業保険が差し引かれるという形になるのが一般的です。 失業保険をもらっている期間に、たとえば就職先を見つけて、その ...
失業保険の受給率 日本は先進国最悪の水準 - 35歳 転職限界説を ...
転職サイトなどで、積極的に転職活動をして、新しい転職先を見つけることも考えられるが、新しい転職先が見つかる人は、全体からするとまだ少ないようだ。 現在の派遣制度では、失業保険制度について、まだまだ検討の余地はあると思う。 ...
転職オススメサイト :: 保険用語ガイド
失業保険に申請しながら、転職先を決めるとき、沢山の大手求人サイトがあるのが事実で、どこに登録するか、迷うところでもあります。 そこで、オススメをいくつか紹介します。 業界最大手で有名ということであれば、幅広く、人材紹介、転職、派遣、第二 ...


| 転職

転職とブランク期間


転職の際には履歴書を書くと思いますが、ブランクの時期がある人は履歴書にはどのように書けばいいのか迷ってしまいますよね。
転職先の採用担当者から見れば離職していた時期であるブランクの期間が長ければ長いほどこれは転職の採用には不利になるという事になります。ですが、転職の採用がブランクで決まるという事はありませんからそれほど転職とブランクについて気にする事はありません。
転職をする際には企業は何をやっていたひとなのか、これから自分の会社にはいった場合には何が出来るのかそれを見極めて転職の採用をすると思います。転職の採用とブランクは直接な関係はありませんが、やはり転職の履歴書にブランクを書くというのは少し抵抗がある人も多いと思います。
もしも今離職中でその期間が長かったとしても、現在離職中と書けばそれで問題はクリアになります。ですが先ほど紹介したように転職とブランクが不利な関係にあるという事に変わりはありません。
ですから、その分自己アピールや長所の部分をしっかりと充実した内容にすればいいと思いますね。転職の履歴書とブランクのところで絶対に避けたい事は、ブランクの期間を偽る事です。
転職の際の履歴書や職務経歴書を偽ると最悪の事態になった場合には、経歴詐称と言われてしまう事もありますから転職できなくなります。しかもブランクを隠そうとしている転職の職務経歴書や履歴書というのは読む人にとって何の熱意も伝わりませんしなんだか勢いのないものになりがちです。

■関連記事
添え状とは | シニア・団塊世代・中高年の仕事ガイド
履歴書、職務経歴書、添え状と3つある文書のなかで、採用担当者がまっ先に目を通すのは「添え状」だ。 そこで、いちばん最初に自分がもっとも強調したい部分を、採用担当者に印象づけるのだ。 また希望職種が未経験の場合や、前職を辞めてからのブランク ...
職務経歴書の書き方: 職務経歴書の送付状の書き方
職務経歴書の送付状の書き方 @発信する日 履歴書・職務経歴書と同じ日付にします。 A宛名 正式名称で記入します。担当者の名前がわからない場合は、 「人事部御中」「採用ご担当者様」などにします。 B差出人の氏名・連絡先 ...
履歴書 は 手書き です - 転職 求人 ポータブル
履歴書 は 手書き です - 職務経歴書 はパソコンやワープロのほうが望ましいのですが 履歴書 は 手書き です。

| 転職

初めての転職


初めての転職について紹介したいと思います。
だいたい転職活動にかかる期間は平均して3か月ほどだと言われています。しかしこの期間をしっかりと立てなければだらだらと転職活動が続いてしまって結局転職しそびれる事もありますからしっかりとまずは転職の計画を立てる事が大切です。仕事をしながら転職活動も同時に行うのですからそれはなかなか大変な事です。退職をしてから転職活動をすれば時間的には楽ですがこれはあまりよくありません。転職サイトなどを見ていると色々な転職先がありすぎて迷ってしまいます。自分には合う転職サイトがあるのかどうかも分からない事もありますよね。
転職のときには本命にしている企業の内定がはっきりと決まるまでは、他の会社の返事を待ってもらうというのは難しいですからエントリーをするときには、たくさんの会社にエントリーをまとめてするといいかもしれませんね。それから初めての転職では履歴書や職務経歴書の書き方もわからない人もいるかもしれませんね。
就職活動との違いは職務経歴書を書かなくてはいけない事ですが、この書き方を知らない人の方が多いと思います。転職を考えている人は履歴書の書き方、職務経歴書の書き方についてもしっかりと理解しておいた方がいいでしょう。

■関連記事
転職成功者の92.1%以上が収入アップ!日本初の医療機関管理職の経験者 ...
メディカル・ラポールでは、医療機関での管理職経験のあるコンサルタントでしか気がつかない、きめ細かいフォローで転職活動だけでなく転職後も一貫して転職者のサポートをしています。また、全てのサービスが365日24時間無料で利用でき、カウンセリング ...
履歴書や職務経歴書での文章表現について - 専門家に聞く [All About ...
お忙しいところ恐れ入ります 履歴書や職務経歴書での文章表現方法の件ですが 『未経験の挑戦』をもっと良いプラスな表現で書きたいと思うのですが 『新しい分野への挑戦』ではいかがでしょうか どなたかご教授ください。よろしくお願いいたします。 ... ただ 新しい分野への挑戦と言うことだけでは相手に伝わらないことそして私自身の目的と思いを伝えることが相手にとって最大の武器になる事にも気づきました。この事を最大限に生かして志望動機の文章作りに活用していきたいと思います。 ...
40歳からの転職 内定10社獲得のコツ: 職務経歴書の書き方@
個人的には「私はこれができます」一本槍でアピールする職務経歴書の書き方よりもよりも、自身の成長の過程とその成長度合いを示す実績を一貫した流れで話せるような職務経歴書の書き方が面接で受け答えがしやすく、 アピールしやすかったと実感してい ...
〜個人的なブログ〜 : 履歴書とか職務経歴書とか
ほかに職務経歴書も書いていたのですが自分が取得している資格を全部書こうと思うと結構な量になってしまうのでどうしようかなって所で止まっています(笑微妙な資格を沢山取っていたんですよね広く浅くって感じの知識だから微妙な資格が多い ...


| 転職

転職する目的の整理


転職をスムーズに進めるためには転職をする目的を整理してみたり転職の理由などを整理する必要があるかもしれませんね。自分自身の事について振り返って整理するという事は転職を成功させるうえでとても大切な事だと思います。転職理由、目的をまず整理するためにはどうすればいいのでしょうか。それはまずは自分が転職をしたいと思った理由や目的を上手にまとめなくてもいいので思いつきで箇条書きしてみるのはどうでしょうか。そして一度すべても目的や理由を書きだしたら重なっている部分がないかどうか確認します。そしてその転職目的や理由をテーマやジャンルで分ける事が出来るならテーマやジャンルで分けてみましょう。そしてそのジャンルやグループごとに、自分の転職の優先順位を決めてみましょう。そして自分が転職するにあたってこだわっている部分や譲れない部分、そして逆に妥協出来る部分などがある場合には、チェックしてみるといいかもしれませんね。もし転職の理由や目的を整理したときに第三者の意見などを参考にしたいと思ったときには、転職支援会社を利用するなどして一度コンサルタントに相談してみるというのもいいかもしれませんね。
転職活動を始める前にこの作業をしておく事によってこれからの転職活動がスムーズに進むと言われています。転職の目的や理由を書き出す場合には落ち着いて作業しましょう。第三者からの客観的な意見なども聞くととても参考になりますからその場合には転職支援会社のコンサルタントやキャリアカウンセラーに相談するのがいいですね。ちなみに転職の理由で多いのは今の会社に不満がある事だそうですが、今の会社に不満があるという事が転職の理由だった場合には、具体的にはどのような点が不満に思っているのか、自分はどうしたかったのか、転職先ではどうしたいと考えているのかなどを書き出してみるというのはいいかもしれませんね。転職をするにあたって自分の理由や目的を振り返るという事は、転職活動の途中で妥協したり自分がやりたかった事と違うような転職先に転職をするのを防ぐ効果があります。転職する理由がはっきりしていて目的も分かっていれば途中で目的が変わるという事はないと思います。転職活動を始める前には、まずは落ち着いて転職理由と目的を把握するためにも箇条書きで書き出して振り返ってみましょう。その用紙を持ってキャリアカウンセラーなどに見てもらうというのもいいかもしれませんね。

■関連記事
everyday's gonna be happy 転職物語・完
面接も終始和やかで、いい感じでした。 こちらの会社から、面接の帰り道に電話がきて、内定いただきました ちょっと遠いけど、この会社に決めようと思います 来週から勤務開始. FC2ブックマークに追加. テーマ:転職活動 - ジャンル:就職・お仕事 ...
サトコのIターン転職日記 転職理由と長所・短所
いや、実際は平日夜にじっくり考える時間もなかったから、今日一日ず〜っと考えてたんだけども(苦笑)。 転職活動って、自分との戦いから始まるんだなー、と思った。 テーマ : 転職活動 ジャンル : 就職・お仕事 ...
*ニコパチ* festina lente 講談社実技試験*面接*呑み
講談社が通過してるといいなホント。 OR9O9624.jpg 以前どこかで撮ったハート。講談社さんに届け。 学生ブログランキング参加中. テーマ : 転職活動 - ジャンル : 就職・お仕事. | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ | ...
【働く大阪OLの本音】「働く」を真剣に考える。やりがいのない毎日 ...
友人Mちゃんも実はここからスタートしましたヨ♪ FC2 Blog Ranking参加中です!よろしくお願いします! テーマ:転職活動 - ジャンル:就職・お仕事 · 【2006/10/30 08:06】 | 転職・失業情報 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑ ...
39歳もと派遣社員から再就職活動日記 いつかのいつか
言われた仕事をちゃんと出来ればいいのだっ そしてこの年齢制限の厳しい日本社会に立ち向かうべく 38歳以降の人を募集してみせる!! あ、これ年齢制限か(笑). テーマ : 転職活動 - ジャンル : 就職・お仕事 ...
| 転職

転職のタイミングとボーナスの関係


転職とボーナスについて紹介します。
転職をしたいと考えている人の中には、ボーナスをもらってから転職をした方がいいと考えている人が多いのではないでしょうか。転職をするタイミングによってはボーナスがもらえなくなる場合もありますから転職のタイミングは意外と大切なものですよね。転職してからボーナスがもらえるのかという問題も気になりますよね。一般的に会社によってボーナスを支払う条件などは決められています。必ずしも転職をしてすぐにボーナスがもらえるというわけではありませんし、逆に転職したてでもボーナスがもらえる事はあるようです。
ボーナスは勤続年数などを考慮して支払われる事が多いですから、例えばボーナス月に転職をした場合には全くもらえないかもしれませんが、ボーナス月からさかのぼって半年以上前に転職をしたという場合、良心的な企業などの場合にはボーナスというか寸志程度が支給される事もあるようです。
しかし基本的にボーナスというのは、今まで働いていた事の実績や業績に対して支払われるお金です。今まで頑張ってきた仕事に対してボーナスは支払われますから転職したてで仕事をしていない状態でボーナスをもらうというのはよほど条件の良い転職先でない限り難しいと思います。転職したての場合には会社へ貢献もしていませんし、仕事もまだ慣れていないのでボーナスの支給対象にはならない事が多いと思います。会社によってこれは違っていますから転職先に問い合わせしてみると良いかも知れません。でもあまり期待しない方が良いです。転職を考えていてボーナスが欲しいと思っている場合には、転職のタイミングをしっかり考える必要があります。ほとんどの人はボーナスをもらってから転職をしようと考えるようです。
又、転職の意思や退職の意思を伝えるのはボーナスをしっかりもらってからの方が良いみたいです。但し、転職の理由によってはボーナスをもらう前に辞めなければならない事もあるかも知れません。その場合は、早く転職先の仕事に慣れ、少しでもその会社に貢献し、出来るだけボーナス対象者となれるように頑張りましょう。
| 転職

転職するに当たっての入社準備


円満退職が出来て新しい転職先へ向けて準備というのは色々とあります。まず転職先に出社する前日までに用意しておく事としては、当たり前の事ですが会社まで行くのにかかる所要時間を考えておきましょう。
通勤時間は面接のときに訪問した時間とは違っていると思いますから時間がかかる可能性もあるので転職初日から遅刻しないように注意しましょう。そして転職先に電話をかけて出社日の確認と出社場所や時間などを確認しておきましょう。
そして転職初日は、色々な場所で自己紹介をすると思いますから、自己紹介で恥ずかしくないようにきちんと自己紹介の挨拶も考えておけるような余裕があるといいですね。そして転職先の企業の情報ももう一度情報収集しておきましょう。
退職から転職先の出社日までに時間があるなら少し自分について振り返ってみたりリフレッシュする事もこれから新しい転職先でのスタートをよくするためのポイントでもあると思います。そして転職先への入社の当日は30分ほど出社時間より早く着くように余裕を持って家を出るようにするといいと思います。
そして通勤の最中には、転職初日の挨拶や自己紹介についても改めて思い浮かべるといいかもしれませんね。転職初日というのはなかなか気疲れするものです。人間関係も仕事の内容も初めての事ばかりですから転職してからは疲れが出ると思います。もしも転職して悩みが出た場合には、一人で抱え込まずに転職先の上司や同僚に相談する事が大切です。
せっかく転職したのですからすぐにやめるのはもったいないです。すぐに辞めてしまうとそれから先の転職活動にも不利ですし、あまりにも転職の回数が多い場合や、在籍した期間があまりにも短いと、あなたがどんなに素晴らしいキャリアを持っていたとしても転職先で不利になってしまいますから注意した方がいいですね。

■関連記事
建築デザイナーの転職・求人募集
ハローワークプラザ ハローワークプラザとは、求職者が自ら幅広い 求人 情報等を検索できる装置(求人自己検索装置)を活用した迅速かつ効率的な 求人 情報提供を行うとともに、 求人 の相談や 求人を紹介を行うことにより求職者の求職活動の支援を行って ...
派遣について[(紹介〜就業)
就業前に派遣先企業を訪れて行う話し合いを「顔合わせ」といいます。 顔合わせには、派遣会社(派遣元)の営業スタッフやコーディネーターが同行します。 一般的には、派遣先企業担当者を交えながら、まず、自己紹介をし、派遣先企業担当者からはお仕事の ...
元採用担当者が暴露する転職採用の....
外資系企業への転職を目指されている人には、外資独特の面接のコツを伝授 ここまで、よんでくださったあなたに、 「究極の転職マニュアル」のほんの一部を紹介します なぜ、すぐに転職先が決まる人といつまでも転職先が決まらない人がいるのか、 ...
履歴書 書式
明日一次面接があり、その企業からのメールには「履歴書・自己紹介書(書式自由)を持って来て下さい」と書いてありました。私は今まで大学の履歴書(左側が履歴書、右側が自己紹介書になっているA3の2つ折[A4])を使用していたのですが、この場合履歴書と ...

| 転職

転職で成功するポイント


転職で成功する人というのは実は共通したポイントがあります。面接を受けて挨拶をして、自己紹介をすると思いますがこの最初の5分で転職に成功するのかしないのかという事は決まってくるようです。この5分の印象というのは、面接の最後まで残ってしまう印象なんです。
やる気があって熱意をいかに伝える事が出来るのか、それが大切な事です。そして企業研究や自己分析をしっかりとしている事も転職に成功する秘訣です。応募動機をはっきりといえるようにするためには、その会社について熟知しておく必要があります。そして自分がどういう人間で転職してからはその企業にとってどんなメリットがあるのか、それについても話せるといいですね。
転職というのは会社を辞めて新しい仕事につくのですが不満があって会社を辞めて転職をしようと思っている場合でもそのまま不満や愚痴を言っては印象はいいはずがありません。だからといって綺麗事をならべて転職はスキルアップやチャンレンジがしたいからというのもあまりにも漠然としています。
ですから目標を実現させるために転職はいい機会であるという事を伝えればいいのではないでしょうか。転職に成功している人はそうやって応募動機や転職する理由を乗り切っているのです。
そして面接では採用する側の気持ちを考えて話をした方がいいです。自己中心的に自分の過去の経歴をアピールするだけではなくて面接している人が聞きたいような内容を話せるようにするのが大切なポイントです。

タグ:転職 面接
| 転職

転職先の会社選び


転職の際にどうやって会社を選ぶのかという事が転職を成功させるポイントになります。転職の目的をしっかりと持っていれば会社選びで失敗する事はないのですが転職の目的を忘れてしまって企業のイメージや知名度などで選んでしまうと転職の会社選びに失敗する事がよくあると言われています。
転職先の会社を選ぶ時には先入観にとらわれないようにしましょう。転職先の会社を選ぶ時には色々な情報を収集して幅広い目で会社を選ぶようにする必要があります。
そして転職先でやりたい事と転職先で出来る事がぴったりと合っているのかについても自分で確かめなければいけません。そして転職で会社を選ぶ時には、転職先では何をやってみたいのかも考えなければいけません。転職活動を始めたときには、ちゃんと転職の目的を考えて転職先で何をやりたいのかという事を考えていたはずなのに、転職活動を始めてしまうとなぜか転職の目的がずれてしまう事もあります。色々と情報収集をしているうちに転職を何のためにするのか、何をやりたかったのかという事を忘れてしまいがちですから決して目的を見失わないようにしなければいけません。
転職先ではやりがいのある仕事がしたかったから情報収集をしていたのに、結局認知度が高かったり人気のある会社の転職の求人を見てしまうと募集している職種が初めての職種であろうと関係なしに応募してしまうという事があります。又転職の目的を忘れてしまって給料の金額で選んでしまっている事もあると思います。
それでは転職してから自分のやりたい事ではなかったと後悔してしまいますから目的をしっかりと持つようにして転職先を選びましょう。自分が希望するような転職先を見つけたのに、会社選びの際に、応募する事をためらう人が中にはいますが、せっかく自分の条件にぴったり合っている仕事が見つかったのならまずは思い切ってチャレンジしてしまう事が大切です。

■関連記事
外資 外資 株式会社について
外資 外資関連シソーラス株式会社 ヒューマン 代 転職 アクセス マップ サイト 求人 検索 コンサルタント 紹介 体験 談 サービス 会社 概要 採用 企業 方 情報 トップ 一 例 外資 系 特集 ページ 人材 精通 専門 性 高い コンサルテーション 提供 非公開 ...
派遣についてY(派遣会社の選び方)
大手は一般的に業種や企業に幅広い紹介先を持っていますし、外資系が強い、IT関係に強いなど、専門業種に特化された派遣会社も。 ■派遣会社選びのポイント どんな仕事を紹介してくれるかということ以外にも、派遣会社についての情報収集は大切です。 ...
転職,求人
そして、転職の求人情報でチェックする欄としては社会保険の欄もしっかりチェックしておかなくていけません。 社会保険には4種類が含まれています。 この転職先の会社は社会保険が完備されているのか? 通常は、社会保険は厚生年金保険、健康保険、雇用 ...


| 転職

転職のセルフフィッティング


転職の際に、セルフマーケティングを考えるというのはとてもいい事だと言われています。自分があっている企業に転職をするために、企業の内容を見る方法や自分にぴったりの転職先を探すというのがセルフフィッティングと呼ばれるものです。
セルフフィッティングでは知名度や認知度が高い企業や人気があるような会社が自分に果たしてあっているのか、それを見極めるためには、自分であっているのかどうかを見極める力をつけなければいけません。これが転職の際に役に立つセルフフィッティングと呼ばれる事です。
セルフフィッティングでは企業が自分にあっているのかいわば企業目利き力を身につけます。求人票を見て会社の特徴やその業界の特徴などを見てそこから自分にあっている会社なのかどうかを見極める力が付いていればきっと転職をしてからも成功するのではないでしょうか。
企業の求人情報には色々な情報が掲載されていますがその情報を自分で読んでそして自分にあっているのかどうかを見極められるようになればセルフフィッティングも成功した事になると思います。このセルフフィッティングの力が身につけばきっと企業を選ぶ際にコツがわかってくると思いますし、自分がどんな企業へ転職したいと思っているのかもわかると思います。
転職をしたいと考えて転職活動をしているのになかなか転職先が決まらないとかしっくりこないという人は、転職先の選び方が間違っていると思います。正しい企業の選び方をセルフフィッティングで身につければきっとすぐに自分にぴったりと合う転職先が見つかるのではないでしょうか。

■関連記事
転職のセルフフィッティング
転職の際に、セルフマーケティングが考えるというのはまっこといいことだといわれちゅうが。 自分があっちゅう企業に転職をするために、 企業の内容を見る方法や自分にぴったりの転職先をさなぐすというのがセルフフィッティングと呼ばれるもんやか。 ...
転職活動方法 業務の引継ぎ
みんなが大変なことになっていくので、つい、 「転職先にお願いして、転職日を少し先延ばししてもらおうか・・・」 と考えてしまいがちですが、これは自分の身を滅ぼしかねません。 転職先の会社は、今現在は転職者の労働力を欲しがっていますが、 ...
転職活動の仕方
退職をしたのはいいけれどなかなか転職先が見つからないなどということはありませんか? 離職期間が長くなればなるほど不安ばかりが募りますよね。 転職がなかなか決まらないと必要とされていないのではないだろうかと自信を失ってしまったり、このまま ...
転職四季報〈2009年版〉
転職を考えたら、転職先を探すのに苦労します。 本書はその参考になる、インターネットだけではわからない待遇や処遇に関するデータ集です。 年収、ボーナスなどの給与データ。 有休、産休・育休などの休暇データ。 離職率、転職者の割合、 ...
就職・転職先の失敗例
就職・転職先を選ぶ場合に失敗してしまうという人も中にはいるといわれています。なぜ就職・転職先を選ぶ際に失敗してしまうのでしょうか。就職・転職先の選び方が間違っているケースが多いですね。どんな方法で就職・転職先を選んでいるでしょうか。 ...



| 転職

転職と人材派遣会社


転職と人材派遣会社について紹介したいと思います。
人材派遣会社を通じて転職をした人はとても多いと言われています。人材派遣会社を活用すればスムーズに転職活動が進みます。
転職活動を行うときには効率がよく自分にぴったりの転職先を探す事が出来ればいいですよね。そんなときにはひとりで転職活動をするのではなくて人材派遣会社を活用すればいのです。
人材派遣会社の知名度は最近どんどん上がっているのですが、転職をする際に人材派遣会社を利用出来るという事はあまり知られていないかもしれませんね。しかし人材派遣会社は派遣社員を派遣するだけでなく転職にも関わっている会社です。
転職活動が初めての人はぜひ人材派遣会社を利用してみるといいのではないでしょうか。人材派遣会社というのは、厚生労働省が許可をしている民間の期間ですが、仕事を探している人と、人材を募集している人の間に立つ会社です。
人材派遣会社へ支払われる報酬は企業が払いますから仕事を探している人、転職を希望している人はお金を払わなくても利用する事ができます。転職活動を自分一人で行うと考えが偏ってしまう事が多いのですが第三者に転職に関するアドバイスをもらうと、偏った考え方もなくなりますし、転職者にとって一番のプランやアドバイスをしてもらえるというのがうれしいですね。
転職はどうしても目先の利益などを見て考えてしまいがちですが人材派遣会社ではm先の利益にとらわれる事なく自分にあった転職先を探してもらう事が出来るのでいいのではないでしょうか。カウンセリングなどもしていますし、転職のプロですから安心して任せる事が出来ると思います。



| 転職

転職と保険税金


転職をするときには健康保険や雇用保険、年金、税金などを手続きしなければいけません。これは退職をするときに転職先が決まっている人と、転職先がまだ決まっていない人でも方法が違っているので確認しておく必要があります。まず健康保険についてですが転職が決まっているなら転職先の健康保険に入ればいいだけで済みますが、転職先がまだ決まっていない人の場合には、区役所などで手続きをして国民健康保険に入らなければいけません。こちらは退職してから2週間以内と決められています。
そして雇用保険ですが雇用保険は、転職が決まっている人は退職のときにもらった雇用保険被保険者証を転職先に出せばいいだけですが転職先が決まっていない人は、ハローワークに提出する事になります。この際、条件が合えば失業保険がもらえますから確認してみるといいのではないでしょうか。
そして年金ですが転職先がすでに決まっている人の場合には年金は退職する時に前の会社から年金手帳を受け取る事になると思いますから、受け取った年金手帳をそのまま次の転職先の会社の総務担当をしている部署に出せば手続きは完了です。しかし転職先がまだ決まっていないという場合には、退職してから2週間以内に住んでいる地域の管轄の役所へいって窓口で手続きをして国民年金保険に加入しなければいけません。
そして税金についてですが転職が既に決まっている人の場合には、退職をしたときに源泉徴収票をもらうと思いますから、転職する先の担当部署に出せば手続きは特に必要ありません。そして転職先がまだ決まっていない人の場合には、確定申告を自分で行う事になりますから注意が必要です。

■関連記事
転職後の手続き(年金・健康保険・雇用保険)
また、手続きにより転職活動(失業)中の保険料の納入が免除される制度もあります。 健康保険も、退職の翌日から14日以内に各自治体の役所にいって「国民健康保険」の加入手続きをする必要があります。 雇用保険は退職時に勤務先から「雇用保険被保険者証」 ...
求人情報です
あなたの転職の成功失敗は入社後の行動で変わってきます。 ではどのように行動すればよいのでしょうか? 新しい組織で成功するための56の教え! 『転職後、最初の1年にやるべきこと』 転職先が見つかる前に読んでおきたい1冊です。 ...
自分に合った求人情報の選び方の口コミ情報
... が転職活動を成功させるためのポイントです。 「社会保険完備」には「雇用保険」「労災保険」「厚生年金保険」「健康保険」の4 つが含まれています。たとえば、求人情報に表示されている給与は、通常は特別な表記が無い限り、総支給額になります。 ...
SEOリンク集4
雇用保険ポータル このサイトでは、雇用保険制度の解説と各種情報提供を行っています。 ・ハローワーク・ガイド このサイトでは、日本全国のハローワークの所在地情報とクチコミ情報をまとめた「ハローワーク・サーチ」を提供しています。 ...
失業保険の給付
現在、失業中で雇用保険の給付を受けています。 今は独身で実家住まいなので、世帯主は父なのですが、父は組合保険に入っています。 父の扶養に入りたいのですが、失業保険を貰っていると自分で国民健康保険に入らなければいけないと聞きました。 ...
社会保険とは?
「社会保険」とは何のことか、ご存知ですか? 厚生年金保険・健康保険・労働者災害補償保険(労災),および雇用保険のことを社会保険,と呼んでいます。 労働者災害補償保険と雇用保険を合わせて、「労働保険」と呼ぶことに対し、厚生年金保険と健康保険 ...



| 転職

転職する前の退職について


転職をするという事は前職を退職しなければいけないという事になりますよね。退職届一枚ですぐに退職という事にはつながらないと思いますしそれでは社会人として今までお世話になった会社へ失礼に当たりますしマナー違反ではないでしょうか。きちんと前の会社でも円満退職をしてから転職をする事がポイントになります。
転職先が決まって退職をする場合の退職届を出す事についてですが、自分の仕事のキリがいいところで、他に働いている人に迷惑がかからないようなタイミングや時期を見計らって退職希望をしましょう。大きなプロジェクトなどを抱えているときなどにやめる事は許されませんからそれが落ち着くころを見計らって退職希望日を考えた方がいいでしょう。
退職届を突然出されるとかんじがわるいですからまずは直属の上司に相談をする事から始めましょう。そして仕事の引き継ぎや都合なども相談をして、最終的に退職する日を決めます。
そして退職する日が決まってから退職届を提出します。最低でも転職する1か月前には退職届を出す必要があります。会社の就業規則によってはそれ以上それ以下の場合もありますから確認しておきましょう。
もしも退職の理由を聞かれた場合には、きちんと信頼関係のできている上司との間であれば転職する事を正直に話してもいいと思いますが、信頼関係がしっかりと構築できていない関係の場合には、正直に転職の事は話さずに包んで話をする方がいいかもしれませんね。

■関連記事
不当解雇と労基法
もしも退職届を書くように促された場合は、解雇理由を問いただすなど、逆に会社側に情報開示を求めましょう。 また、労基法によれば解雇をする為には1ヶ月以上前にその予告をしない限り、会社側は30日分以上の賃金を労働者側に支払わなければならない ...
円満退社の仕方の情報
円満退職と円満退社退職届(退職願)を提出しようとしている人。円満退社に、一番労力と神経を使うのは、退職の手続きですね。円満退職と円満退社の仕方を紹介します。 golod.access-gold.com/enman. IT業界の転職転職の仕方 ... 「もう退職するのだから」 ...
退職の引きとめ2
実際、退職を伝えたとしても、忙しい時期が終わってから退職してくれ、という話はよくあることです。 業種によっても忙しい時期と期間は違いますが、円満退職するためには、やはり忙しい時期を避ける必要があります。 ですので、忙しい時期を予測して、 ...
退職願(退職届)はいつ出すか
退職願いを提出する期間ですが、人により異なることをいうでしょう。 しかし、一般的には1ヶ月前くらいが多いようです。 上司の了承はそれ以前に取り付けておきましょう。 あまりに急に退職願を提出すると、急すぎると円満退職できない可能性があります。 ...


| 転職

転職での未経験者歓迎の意味


転職・求人を探している際に、未経験者歓迎という募集をよく目にする事がありませんか。新しい仕事に就きたいと思っていて今まで経験してきた仕事ではないジャンルの仕事を転職先に選ぶという人も多いと思うのですが、未経験者ならだれでも転職出来るというわけではありません。未経験者でもしっかりと自分をアピールしなければ、簡単に転職出来るものではありません。

例えば転職先の企業は未経験者を採用する際には、何にポイントを置いてチェックしているのでしょうか。それは意欲です。未経験でも意欲があれば新しい職種でも転職してからでもやっていけるのではないでしょうか。それに加えて人柄もチェックしていると思います。未経験の仕事につく場合には、人柄がよければ、協調性を持って転職先でもうまくやっていけるからですね。他にも、ポテンシャルや、職務適性、専門知識などについてもチェックをして、転職出来るかどうか見極めていると言われています。未経験者の転職を募集する企業が転職希望者に期待する事は意欲と人柄が一番多いと言われていますが、この場合の人柄というのはコミュニケーション能力と言ってもいいようです。未経験者を採用しようと思っている企業というのは、すぐに働ける即戦力のある人を求めているですから、それにはコミュニケーション能力は不可欠ではないでしょうか。

転職後、入社してからすぐにでも即戦力になってくれる人というのは、とてもありがたいですよね。色々な事をすぐに教えてもらって学んで身につけて仕事をするという面でコミュニケーション能力はとても大切な事です。転職をする際の意欲をではどうやったら見せられるのか、それはやはり口でいくら綺麗事を並べていても分かってもらえませんから、もしも転職する新しい業界に興味があるのでしたら未経験ではありますが、将来その業界でどんな風に仕事をして行きたいのか、何をどうして行きたいのか、未来についての意志を語ってみると説得力が出て伝わりやすいのではないかと思います。転職で未経験者が自分をアピールする時には、意欲を見せてこれからの進行形で話す。そして熱意を持って分かり易いように伝えれば、コミュニケーション能力についてもチェックしてもらえますから、転職先の企業にも良く分かってもらえるようになるのではないでしょうか。中々転職先で未経験のジャンルというのは難しいですが、挑戦したいと思っている意欲をしっかりと採用担当者に伝える事が出来れば、道は開けるのではないでしょうか。
| 転職

転職の計画


転職をする場合には色々と計画を立てるという事は大切なことです。転職の際にはどのように計画を立てればいいのかというと、まずは就業規則を確認してみましょう。
転職活動をする場合には、まずは今いる会社の就業規則を調べてみましょう。就業規則を見れば退職に係わる規則も掲載されていますから転職活動の計画を立てる場合には、とても役に立つと思います。

法律では就業規則に関係なく、退職の意思を伝えてから2週間後に辞める事が出来ると決められていますが、転職をスムーズに進めて円満退職をする為には、出来ればもっと前から引き継ぎなどもきちんと行って円満に退職できた方がいいですよね。転職先の目星が大体決まってきて、退職を決めたら、上司には直ぐに相談する方が良いです。直属の上司に事前に話を通しておいた方が、転職活動をする上で後ろめたさもなくスムーズに動けると思います。退職の日程は会社の就業規則を調べた上で決めて、あなたの業務の引き継ぎ日程を計画し、上司が納得いくような日を選ぶといいでしょう。

さて、転職の計画の時間ですが、在職している時に転職活動をするというのはなかなか難しいものですよね。失業中の転職ならまだしも、在職中の転職活動というのは難しいものです。
転職の情報収集をする時には、本職の差し支えないような朝や夜にしなければいけない事が多いと思います。面接なども転職先に相談して日曜や土曜日、夕方などに行ってもらえるか考慮する必要があります。もしも面接を受ける事が出来る日程が合わなかったとしても、在職している会社に迷惑をかける様な、営業の途中や業務途中なのに会社を抜け出して面接を受けに行くといった事は転職活動のマナー違反ですから、その場合は在職している仕事を休ませてもらって転職活動をするようにしましょう。有給消化期間中に転職活動をするというのも一つの方法ではないでしょうか。

転職活動にかかるお金は意外とたくさんかかりますから計画を持って転職する方が良いでしょう。例えば失業や離職している時には、その間の生活費が必要ですし、面接にも交通費がかかります。極端な話、転職先が遠方の場合には転居しなければいけないケースも発生するので、その時には引っ越しの費用もかかります。面接の時に交通費が結構かさむと大きな額になるとも言われていますから、転職の計画やお金の面でも十分に計画を立てた方が賢明でしょう。


■関連記事

【求人情報お届けします】
「まぐまぐ」のメールマガジンで 「転職活動のコツ」を配信中です。 各業界・業種の求人情報や 新着転職サイト、サイトランキングをお届けします。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓. メルマガ登録・解除. 転職は1ヶ月で決める! 在職中の方もどうぞ。 ...
50代の転職で得たもの
50代の転職で得たもの。それは自分の「家族」でした。 私の父は私が10才の時に脱サラをして店をオープンしました。 売り上げはそこそこありましたが、数年間しかもたずに以後苦しくなり生活はかなり大変だったことを今でも覚えています。 ...
短期間で「理想の職場」と出会う方法
このページでは、転職支援業界に精通しているのに思うような転職活動ができていなかった私が、自分の理想通りの職場に出会えるようになった秘訣をありのままに公開します。 もしあなたが次の職場を単なる腰掛けとしての場所ではなく、自分らしくイキイキ ...
転職活動準備開始
そろそろ転職活動を始めないと・・・ と思う今日この頃。。。 大きい会社を受けようか、小さい会社を受けようか、迷い中だったりします とりあえず山口県の企業を物色中。 何がいいやらねぇ。。。 SEやるのは決まってるんだけどぉ(SEしか手に職 ...
4ヶ月以上転職までのブランクがあるケース
何らかの理由で以前働いていた会社を辞めてから4ヶ月以上の間をあけての転職活動は、必ずと言って良いほど採用担当者から「なぜこの期間、働いていなかったのか」と聞かれます。 4ヶ月以上ものブランクを置いていると、企業側はビジネスマナーや仕事の ...
[仕事]転職方法
では、どうやって転職先を探しますか? 転職サイトで自分で探すのか、人材紹介会社経由で次の就職先を探すのか。 求人数が多いのは人材紹介会社ですが、手軽に転職情報を得られるのは転職サイトでしょう。 また、人材紹介会社の心強いところは、転職の ...
転職先でのニンジン関係を築き上げるには
タイトル:転職先でのニンジン関係を築き上げるにはキーワード:転職先,ニンジン関係,築き上げる,年齢,性別仕事では、トシの差は割り切って対処しよう成果主義や実力主義が世間に浸透するにつれて、役員も年齢や性別に関係することなく能力次第で決まるよ ...
転職先での人間関係の注意点の相談
医師転職【転職コンサルタントの語り】: 転職とは転職先での人間関係の注意点と転職先での人間関係を築き上げるにはどうすれば? 【転職や求人はマイナビや転職サイトで情報を集めよう!】
転職先企業への先入観は排除しよう
最後に、この先入観の排除により、成功した転職事例を紹介しましょう。 ■事業内容に共感できない Aさんは、社内SEの経歴を持ち、何カ月も転職活動を行っていましたが、なかなか転職先が決まらず苦労していました。 そんなとき、 私のところに相談に来 ...


| 転職

転職フェア


転職フェアについて紹介したいと思います。転職フェアって聞かれた事がありますか?転職フェアというのはこれから転職を考えている人を対象にして開かれているフェアのことですが、転職フェアに参加している企業や会社は少なくて数十社、多いときには数百社の企業や会社が参加しています。転職フェアに参加すれば、それぞれの会社に個別で訪問したり個別の情報収集をするという手間が省けて一度にいろいろな会社や企業を回ることができて転職活動の効率をよくしてくれます。企業を一つづつ回っていたのではなかなか転職活動も進みませんが、転職フェアに参加すれば1か所でいくつもの会社が見れますから便利です。
転職フェアでは、それぞれの会社のブースが用意されている事がほとんどで、興味があって転職したいと考えている企業や会社のブースに行けば、採用担当者と直接話が出来たり、質問をする事も出来ますから、転職を考えている人にとっては、転職フェアに参加するメリットは大きいと思います。又、転職フェアは、企業との接点の第一歩でもあります。企業との接点はこれを逃すとあとは面接当日という事になっていしまいますが、この転職フェアに参加することで企業の採用担当者に質問をする事が出来たり、担当している人とも色々と話が出来ますから、これは自分をアピール出来る良い機会とも言えます。
転職フェアは面接とは違って堅苦しくありませんから、企業への質問を色々出来ますので、もしも分からない事があれば、その時に聞くといいですね。転職フェアでは、それだけでなく、企業がどんな人を探しているのか、求めているのか、などもリサーチ・研究する事が出来る場でもあります。転職求人情報の募集欄を見ているだけではなかなか分からない事も、直接その企業の人間と話をすれば、実際にどんな人を探しているのかという事が良く分かります。
転職フェアはあちこちで開催されていますから、転職支援サイトなどで転職フェアの情報を掲載してくれている所がありますから、転職フェアの開催情報を確認した上で、もし参加出来そうであれば、1度は参加しておく事をオススメします。自力で一から転職活動をするというのはなかなか大変な事ですが、転職フェアならそんな大変な事や手間も省けてスムーズに転職する事が出来るきっかけとなるかも知れませんね。転職フェアには参加申し込みが必要な事もありますから、事前に十分確認した上で臨みましょう。
| 転職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。